エンタメから役立つ情報まで!
※本ブログはプロモーションを含みます

漫画「肉蝮伝説」を読んだ感想・レビュー!あの最強最悪の男が帰ってきた!

漫画「肉蝮伝説」を読んだ感想・レビュー!あの最強最悪の男が帰ってきた!

漫画「闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説」を読んだ感想・レビューをまとめます。

あの最強最悪、悪逆無道とも言える男が帰ってきた!大学サークルや悪徳宗教を相手に大暴れ!

スピンオフとして活躍するかっこいい肉蝮をご紹介します。

※一部ネタバレを含みます。

闇金ウシジマくんに登場した恐怖のキャラ「肉蝮」

以前このブログで「漫画「九条の大罪」を読んでみた感想!ウシジマくんファンにはたまらなく面白い!」という内容のものを書いたことがありますが、そんなウシジマくんには「肉蝮(にくまむし)」というキャラクターが登場します。

屈強な体躯に圧倒的な暴力、実際にいたらゾッとするような、本当に読者に恐怖感を与えるよう見事に描かれたキャラです。

「肉蝮」で検索すればそのイカレ具合が一目で分かる画像が色々出てきます。

肉蝮は本編でそこまで重要キャラというわけではありませんでしたが、丑嶋馨とも直接対決があったり非常にインパクトを与えるキャラでした。

ちなみにウシジマくんに登場する一部のキャラにはモデルが存在するとのことですが、この肉蝮にもモデルがいるそうです。

肉蝮がたっぷり見られる!スピンオフ「肉蝮伝説」を読んだ感想・レビュー

そんなオリジナルではわずかな登場にも関わらず強烈な印象を与えた肉蝮ですが、読者の反響もあってかスピンオフが描かれています。

漫画「肉蝮伝説」を読んだ感想・レビュー!あの最強最悪の男が帰ってきた!

闇金ウシジマくんのファンであればすでに読んでいるという人も多いと思いますが、私も完結してから読もうと思っていたものの、思いの外連載が続いているので読んでみることにしました。

オリジナルの方でも肉蝮は好きなキャラだったので楽しみな漫画の1つです。

読むにあたってまず気になってしまうのが、やはり作画ですよね。

スピンオフは必ずこれが付いて回ると言いますか、中には「全くの別物だ」と言われてしまったり、絶対にオリジナルと比較されて読者に評価されてしまいます。「GANTZ:G」のレビューを書いた時も作画は気になる部分でした。

肉蝮伝説に関しては、全く気になりません!

確かに真鍋昌平先生と違うことは一目で分かりますが、速戸ゆう先生の作画がめちゃくちゃ綺麗!

とても見やすく、ウシジマくんの世界観を壊すこともなく、抵抗感なくすんなり読み進められます。

もちろん個人の感じ方はあると思いますが、私はこのレベルでスピンオフが読めるなら大満足ですね。

ストーリーに関しては、1巻から肉蝮の鬼畜っぷり暴れっぷりが見られて面白い!

理不尽な言動で他者を恐怖に陥れる様子はまさに読者が求めていたものでしょう。

基本的に一匹狼を貫く肉蝮は多勢に無勢という状況になりがちですが、人間離れした力技でその場を圧倒する様子も爽快感があります。

また、各話で肉蝮と行動を共にする人物がいるのですが、邪険にしながらもピンチになった際に肉蝮が登場するシーンはまさにヒーローそのもの。かっこいいんですよね。

肉蝮伝説は期待通りかそれ以上に面白い漫画になっていると思います!

肉蝮伝説で残念に思う点

肉蝮伝説は面白いし続きが楽しみな漫画ですが、読んでいて少し残念に感じてしまう部分もあります。

私が感じたことを挙げてみます。

肉蝮のセリフに違和感

肉蝮といえばそこまでセリフ量はなく、ただただ暴力的で知恵があるようなイメージはありません。

肉蝮伝説ではメインキャラなのである程度は喋りざるを得ないのですが、相手に止めを刺す際にやたらと妙な例えを言い出します。

「◯◯ってよ〜。◯◯なんだってな〜。」みたいな雑学を喋り出すのですが、私はなんだかそこに違和感を感じてしまうんですよね…

「肉蝮そんなこと言うか…?」みたいな(笑)

もちろん基本的には「◯百万円よこせ」とか「顔が気に食わねぇ」とかめちゃくちゃなセリフばかりで好きなのですが、時折出る肉蝮雑学が私は気になってしまいました。

敵側の設定が少々ありきたりか

もう1つが、相手の設定にありきたりなものが多いということです。

例えばヤクザはもちろん、悪徳な宗教集団など、オリジナルの方でも散々登場してきたような相手ばかりと戦います。

アウトローな人物たちが生きる世界を舞台にしているので仕方ないと言えば仕方ありませんが、もう少しオリジナルでは見たことがないような相手と絡むところが見てみたい…

ありきたりな相手でも十分面白いんですけどね(笑)

まとめ

闇金ウシジマくんから肉蝮がスピンオフとして活躍する「肉蝮伝説」ですが、新たなダークヒーローとして肉蝮の活躍を存分に楽しめる一冊になっています。

肉蝮は狂ってなんぼのキャラなので、完結するまでその鬼畜っぷりを余すことなく見せてほしいですね。

闇金ウシジマくんで肉蝮が好きだった人は十分楽しめると思いますよ。