エンタメから役立つ情報まで!
※本ブログはプロモーションを含みます

アクセサリーをつけない男の心理6選!プレゼントはどうすればいいか徹底解説

アクセサリーをつけない男の心理6選!プレゼントはどうすればいいか徹底解説

アクセサリーを全くつけない男の心理を6つご紹介します。

つける人はピアス・ネックレス・指輪などをジャラジャラと身につけますが、つけない人は腕時計すら一切つけません。

そういう人に対するプレゼントはどうすればいいかも解説するので、彼氏や夫、好きな人へ何か渡したいときは参考にしてみてください。

管理人

ちなみに私もどちらかといえばつけない派の男です。

アクセサリーをつける男とつけない男

アクセサリーは女性がつけるイメージが強いものですが、指輪やネックレス程度であれば男性でもつけている人は普通に見かけます。

しかし一方で、中には「アクセサリーなんて絶対につけない」「アクセサリーはつけたことがない」という男性もいます。

腕時計もつけないの?

ネコ

管理人

腕時計すら嫌がる人もいるね。

そもそも腕時計は実用的なものなのでアクセサリーに分類するのは疑問を感じる人もいるかもしれませんが、アクセサリーが苦手だと腕時計もつけない人は珍しくありません。

私もどちらかといえばアクセサリーはつけない派ですが、過去に興味本位でフェイクピアス(耳に穴を開けないピアス)をつけてみたものの、すぐに面倒になってつけなくなりました。ちなみにそのときのレビュー記事は以下になります。

【耳を開けないピアス】CLANのフェイクピアスをレビュー!メルカリで格安購入 【耳を開けないピアス】CLANのフェイクピアスをレビュー!メルカリで格安購入

結局それ以降アクセサリーは何も身につけず、たまに腕時計をつけるかつけないかくらいなので、ジャラジャラとアクセサリーをつけたがる人は不思議な存在です。

アクセサリーをつけない男の心理6選

アクセサリーをつけない男の心理を6つご紹介します。

周りにアクセサリーを一切つけない人がいて気になる場合は参考にしてみてください。

毎日つけるのがただめんどくさい

実際に私がアクセサリーをつけない理由がこれで、毎日身につけるのがただただめんどくさい。

出かけるたびにわざわざ「アクセサリーを身につける」という工程を増やしたくありません。

もちろん時間にして1分もかからないことではありますが、それでもめんどくさがりには億劫になります。

毎日きっちりアクセサリーのような小物までファッションに取り入れている人は本当にすごいと思います。

管理人

むしろファッションなんてGUとかの安物を適当に着回します。

チャラ男の印象が強い

男性の中には「アクセサリー=チャラい男」の印象を持つ人も少なくありません。私もちょっと思っています。

チャラい男性がピアスからネックレス、ジーンズあたりにチェーンのようなアクセサリーをジャラジャラとつけているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

あのような人間を見てしまうと、やはりアクセサリーはそういう男性が好んでつけるものという印象を抱いてしまうので、同じように思われたくない人は多いでしょう。

ま、ブサメンがつけても無駄な努力お疲れって感じだなw

チャラ男

管理人

こんなのと同じように思われたくありません。

金属アレルギーがある

心理とは少し違いますが、アクセサリーをつけない男性の中には金属アレルギーを持っている人もいます。つまりつけないのではなくつけられません。

金属アレルギーは「金属かぶれ」とも呼び、医学的には『アレルギー性接触皮膚炎(せっしょくひふえん)』という症状になります。

「金属かぶれ」とは、特定の金属に対してアレルギーを持つ人がその金属が触れたことによってかゆみや赤み、水ぶくれなどの炎症を伴う皮膚症状が出た状態のことです。「金属かぶれ」は俗称で、医学的には金属アレルギーを根本的な原因とする「アレルギー性接触皮膚炎(せっしょくひふえん)」と呼びます。

引用元:『金属アレルギー』『金属かぶれ』の症状・治療法【症例画像】

金属と接触するだけで体に症状が出るので、当然素肌に触れるピアスやネックレスなんてつけることはできません。

管理人

非常に気の毒な理由です…

どこか男らしくないと思ってしまう

冒頭でも言いましたが、アクセサリーといえばやはり女性が身につけるものというイメージがあるので、男性が身につけているとあまり男らしくないと思ってしまう人もいます。

アクセサリーを大量につけるチャラい男とはまた違い、男なのにアクセサリーをしているとどこか女々しく感じてしまうのでしょう。

男性目線だけではなく、女性目線でも「アクセサリーをつけている男はなんか嫌だ」と思う人は少なくありません。

管理人

若い人が仕事柄つけているならまだしも、それなりの年齢でアクセサリーをつけているとちょっと痛いですよね…

身につけると気になるし邪魔くさい

男性の中には何かを身につけること自体が気になるし邪魔くさいと感じる人もいます。

動くたびに揺れるネックレスだったり、手首を締め付ける腕時計だったり、肌に触れているとなんだか気になって落ち着かない人もいるのではないでしょうか。

「おしゃれは我慢」と言われることもありますが、わざわざ我慢してまでおしゃれをしたくありません。

私が昔勤めた会社では、仕事柄ほとんどの人が腕時計をつけて出勤していましたが、オフィスでは邪魔くさくて外している人もいました。

管理人

さすがに結婚指輪を外していた人はいませんでしたが…(笑)

余計なものにお金をかけたくない

余計なものにお金を使わない男性はアクセサリーなんてまず買いません。アクセサリーに興味がない人からしたら「ただの無駄遣い」です。

おしゃれが好きで洋服や小物をよく買う人は、アクセサリーにもそれなりにお金を使うのかもしれませんが、アクセサリーはちょっといいものを買おうと思ったら平気で1万円を超えることもあります。

かといって安物だとそれはそれでダサいので、アクセサリーが余計なものだと感じる人にとっては何万円も使うのが不思議で仕方ないでしょう。

管理人

もちろん何にお金を使うかはその人の自由ですけどね。

アクセサリーをつけない男へのプレゼントは実用的なものがおすすめ

アクセサリーは誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントの定番でもありますが、アクセサリーを一切つけない男性だとプレゼント候補からは外れてしまいます。

そうなると何をプレゼントしようか悩んでしまう人もいると思いますが、こういう男性は『実用的なもの』をプレゼントすると喜びます。

ボクも変な服着せられるよりチャオチュールがいい!

ネコ

管理人

なんともいえない表情でコスプレさせられてる猫見るの好きだけどなぁ(笑)

たとえば具体的にどのようなものがあるかあげてみましょう。

実用的なプレゼントの例
  • 財布
  • 家電(日常生活でよく使うもの)
  • カバン
  • 好きな食べ物
  • タバコ(吸う人なら)

これらが男性にとって実用的なものですが、家電なんかをプレゼントする場合は毎日よく使うものではないと意味がありません。

というのも、前述したようにアクセサリーを身につけない男性の中にはめんどくさがりな人も多いので、マッサージ器のような絶対に必要でないものは使われない可能性があります。

また、タバコを吸う男性も多いので、カートンをプレゼントすればシンプルに喜ぶ人は多いでしょう。

管理人

あらかじめどんなものが欲しいか聞いておくのが間違いないですけどね。

まとめ

アクセサリーを全くつけない男の心理を6つご紹介しましたが、つけない理由には単純にめんどくさいことや、気になって邪魔くさく感じてしまったり、男らしくなくてチャラい印象があるなど、いくつかマイナスなものがあります。

腕時計すらつけているのを見たことがない男性がいたら、その人はアクセサリーの類が苦手な人だと思っていいでしょう。

そういう男性へ何かプレゼント際は、普段よく使う実用的なものだと喜ばれるのでおすすめです。

管理人

私は美味しい食べ物なんかがすごく嬉しいです。