映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

映画「ミスト」の感想・評価をまとめます!

ラストが映画史上最も胸糞悪いと有名なこの作品。未知のモンスターに追い詰められて変化していく人間模様は見所です。

上映時は酷評の嵐だったという噂もある救いようのない鬱映画をお探しの方必見です。

※ネタバレを含むのでご注意ください。

映画「ミスト」とは

映画「ミスト」は、スティーブン・キングの小説「霧」が原作となっており、「グリーンマイル」でも有名なフランク・ダラボンがメガホンを取りました。

日本で公開されたのは2008年の5月10日で、なんでも上映時はあまりの鬱っぷりに酷評する人の方が多かったとの噂もあります。

ちなみにところどころショッキングなシーンもあるのでR-15指定となっています。

やはりハッピーエンドものに比べるとバッドエンドものはあまり好かれないのは仕方ありませんが、「胸糞悪い=駄作」というのは私は違うと思っています。

個人的にはとても面白い作品でした。

映画「ミスト」のあらすじ/ストーリー

あらすじは、平凡な日常に突然の嵐が吹き荒れ、町中を深い霧が包んでいきます。

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

辺り一面を見渡すことができないほどの霧が覆い、主人公のデヴィッドと息子のビリーはスーパーに避難することになります。

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

外へ様子を見に行こうとする人や、店内から逃げ出そうとする人が次々に未知の怪物に襲われていきます。

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

この説明がつかない状況に「これは神の怒りだ」と頭の狂った人物(カーモディ)が登場。

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

最初こそ「イカレている…」なんて周りも思っていましたが、怪物を目の当たりにして精神的に追い詰められていくことで段々と宗教女カーモディを崇拝していきます。

もはやイカレた宗教派が多数に!

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

デヴィッドたちは外だけではなく中も危険だと判断し、ついにスーパーからの脱出を決意します。

しかしそれを良しとしないカーモディ。

一悶着の末、有能な副店長オリーが見事なエイムで彼女の眉間を拳銃でぶち抜き、外へ脱出。

深い霧の中から次々と怪物が襲いかかり何人かは餌食になりますが、なんとかデヴィッドと息子のビリー、デヴィッド側についていたアマンダ(若い女性教師)とダン(年配男性)とアイリーン(年配女性)の5人は車に乗って走り出します。

変わり果てた町の様子を横目に走り続けると、大きな振動と共に目を疑う光景が…

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

スーパーで格闘した怪物とはなんだったのか…まさに規格外!

とてつもなく巨大な怪物を目の当たりにして主人公一行は戦意喪失します。さすがにギブアップ。

そこでデヴィッドは究極の選択として、持っていた拳銃で自害するという道を選びます。

残された弾数は4発。

アマンダ・ダン・アイリーン・そして最愛の息子ビリー…自分を除いた人数分あります。

デヴィッドは泣きながらも間髪入れずに4人を撃ち抜きます(ここマジで間髪入れない早さw)

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

もうどうでもよくなったデヴィッドは車の外に出て「かかってこいよ!!!」と霧の中の怪物に向かって叫びます…が、ここで衝撃のラスト!!!

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

なんと霧の中から現れたのは怪物ではなく、自衛隊だったのです!!!

みんなを手にかけたまさに数十秒後とも言えるタイミングで助けが来るという、救いが来たのになんとも救いがない展開!

くやしい!これは!デヴィッド!

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

本当にタッチの差だった!悔やんでも悔やみ切れません!

デヴィッドが数秒でも「腹減ったなぁ」とか考えていたら結末は変わっていたかもしれない。

スーパーに取り残されていた人たちも無事に救助されており、デヴィッドはスーパーから脱出を試みる段階から全ての選択肢が間違っていたのです。

映画「ミスト」の感想・評価!ラストが映画史上最も胸糞悪い!?

絶望して膝をつくデヴィッドのシーンで映画は終わります。

映画「ミスト」の感想・評価

私は最初から最後まで楽しんで観ることができました。100点満点なら75点くらいでしょうか。

こういった日常が突然の怪異で一変する系の映画は大好きなので、たとえコテコテのCGを使っていてもそんなに抵抗はありません。CG部分もあくまで怪物にしか使われないので。

ハリーポッターとかのCGは胸焼けするくらい好きではないんですけどね(笑)

ミストの見所は怪物だけではなく、やはり追い詰められて変わっていく人間模様がとても面白いと思います。

怖いのは怪物のはずなのに、もしかしたら同じ人間の方が一番怖いのかもしれないと思わせてくれます。

特に軍の青年を怪物への生贄として捧げるシーンは非常に胸糞悪いです。ラストよりひどいかもしれません。

また、シーンのほとんどがスーパーの中で起きているというのも個人的には引き込まれました。あっちこっちシーンが切り替わらないので好きです。

最初から最後までダレることもなく、あまりにも悲しい結末にしたフランク・ダラボンは天才ですね!

まとめ

映画「ミスト」を観る前は「胸糞悪い」や「鬱映画」とネガティブな前情報が多かったので「微妙かなぁ…」なんて思ってましたが、想像以上に楽しむことができた映画でした。

映画は必ずしもハッピーエンドである必要はありません。

とことん救いようがない映画を観たい人はおすすめです。