エンタメから役立つ情報まで!
※本ブログはプロモーションを含みます

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

防犯におすすめな東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみました。

1,000円という安さでありながら人感センサーや防犯ステッカーまで付いており、防犯意識が高い方におすすめです。

女性で一人暮らしをしている方もぜひ参考にしてみてください。

管理人

一家に一台付けましょう!

東急ハンズで1,000円!人感センサー付き筒型ダミーカメラ

私は資産家でもありませんし、防犯をしっかりしなければいけないような家には住んでいませんが、初めてダミーカメラ(防犯カメラ)を付けてみることにしました。

というのも、過去にブログにもしていますが、自宅に不審者が入ってきそうになったことがあります。

アパートの1階は怖い!?やばい不審者が自宅に侵入してこようとした体験談 アパートの1階は怖い!?やばい不審者が自宅に侵入してこようとした体験談

深夜に突然玄関のドアをガチャガチャされましたからね…もちろんそんな時間に知り合いの訪問者なんているわけありません。

管理人

マジで事件になっていてもおかしくなかった…

後日警察にも連絡していますし、やはり防犯意識は普段から高めておくに越したことはありません。

不審者にとって一番警戒するのは、防犯カメラや音が鳴る系の対策かなと考え、東急ハンズの防犯コーナーで見つけたのがこちらのダミーカメラです。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

筒型とドーム型の2種類があってどちらにしようか悩みましたが、今回は一目で防犯カメラだと分かりそうな筒型を選びました。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

価格は1,000円と格安なので、よく見るとおもちゃ感は否めませんが、パッと見や暗闇では防犯カメラだと認識するでしょう。

この商品は人を認識してランプが赤く点滅する人感センサー付きで、壁に貼れる防犯ステッカーまで付属されています。

東急ハンズの筒型ダミーカメラをレビュー

取り付ける前に商品の内容をじっくり見ていきましょう。まずは付属品から。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

本体と取り付け用のネジ、防犯ステッカーなどが入っています。

ネジなど細かい部品は、本体の乾電池を入れる部分に同封されています。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

小さいので紛失しないようご注意ください。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

本体はシンプルなデザインですね。持った感じもほんとおもちゃみたい…(笑)

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

首の部分は上下左右に動かすことができますが、それほど強度がなさそうなのであまり何度も角度を変えない方が良さそう。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

人感センサーを作動させるためには乾電池が必要になりますが、乾電池は付属されていません。

そして乾電池は3本も必要…センサーだけでそんなに必要なのか…?(笑)

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

人感センサーが不要な人は、乾電池を入れなくてもいいと思います。

ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

ダミーカメラを屋外に取り付けてみたいと思います。取り付け方については、以下のようにパッケージに説明書きがあるので参考にしましょう。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

ネジで三箇所を固定させます…が、ここで問題発生。

管理人

取り付けられそうな壁がねぇ!

説明には「コンクリート面の場合はあらかじめアンカーを打ち込んでから」とありますが、アンカーを打ち込む道具とかもない。

考えた末、仕方ないのでワイヤーで適当な場所へ固定することにしました。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

管理人

いや雑www

まあいいわこれで(笑)

ダミーだから録画できないけど、不審者がいたらバッチリ撮影してやるぞ!!

人感センサーは暗すぎても明るすぎても反応しない

前述したようにこのダミーカメラは人感センサーが付いています。

人影を感知するとここのランプが赤く点滅します。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

人感センサーは以下のような仕組みになっています。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

説明にもあるように、この人感センサーはある程度の明かりがあって人影を感知しないと反応しません。

例えば自宅周辺でも全く明かりがない場所だと意味がなく、逆に明かりのすぐ近くでも反応しない可能性があります。

安物ということもありなかなか調整が難しいのですが、人感センサーのランプが光ると暗闇では結構目立ちました。不審者であれば「!?」ってなると思います。

防犯ステッカーの貼り方は「目立つ場所」

付属の防犯ステッカーは、当たり前ですが必ず目立つ場所へ貼りましょう。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

これが視界に入るだけで「防犯カメラがある」と思わせることができますからね。

平面の壁やガラスであればどこでも貼ることができます。私も貼ってみました。

【防犯におすすめ】東急ハンズの筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を屋外に取り付けてみた

注意点として、雨風が直で当たる場所だと剥がれてしまう可能性があるので(防水タイプのステッカー以外)、できれば軒下が良いでしょう。

ただし過剰な防犯は逆効果にも?

防犯カメラのような対策は、誰でもするに越したことはないと思われるかもしれませんが、実はこういった対策が逆効果になることもあります。

例えば自宅の玄関あたりに「セールスお断り!」とステッカーを貼っている家ってたまにありますが、あれはセールスからしたら「この家は過去にセールスのターゲットにされた」とか「セールスに弱い家主がいる」なんて思われるんです。

つまり自ら弱みを見せてしまっているようなもの!

防犯も過剰に行ってしまうと「この家はそこまで警戒する何かがある」とか「家を空けることが多いから防犯が過剰」なんて思われる可能性があります。

管理人

何事もほどほどが良いですね。

まとめ

東急ハンズで1,000円で購入できる筒型ダミーカメラ(防犯カメラ)を取り付けてみましたが、安物でありながらパッと見はしっかり防犯カメラがあるように見えるので、結構満足のいく商品でした。

人感センサーや防犯ステッカーも付属されて1,000円ならかなりコスパは良いと思います。

ドーム型の防犯カメラも気になりましたが、ドーム型は暗闇だと存在に気づきにくそうなので選びませんでした。結局ダミーカメラは録画していないので、「カメラがある!」と分かるくらい目立たなければ意味がありませんからね。

何かしら防犯を考えている人は、ぜひ筒型ダミーカメラの設置を検討されてみてはいかがでしょうか。