エンタメから役立つ情報まで!
※本ブログはプロモーションを含みます

映画「28週後…」はひどい?つまらない?考察する価値もない駄作だった件

映画「28週後...」の感想・考察!ウイルスパンデミックは想像以上の駄作だった!?

2002年に公開されたウイルスパンデミック映画「28日後…」の続編と言われる「28週後…」を鑑賞したので感想・考察をしたいと思います。

はっきり言えばひどい!つまらない!駄作!設定からストーリーまで個人的にはかなりお粗末なものに感じました。

ですがその中でも唯一評価できる点や見所などもあげたいと思います。

※ネタバレを含むのでご注意ください。

管理人

ゾンビ映画は散々観てきたけどこれはひどい…

映画「28週後…」のストーリー/あらすじ

まずは簡単にあらすじを書くと、「RAGEウイルス」という未知のウイルスに感染すると理性を失い、ゾンビとなって次々と人を襲うパニックムービーです。

映画「28週後...」はひどい?つまらない?考察する価値もない駄作だった件

舞台はイギリス本土で、タイトルの28週後はウイルスに感染してから発症するまでの期間ではなく、ウイルスの発生から最初の封じ込めにかかった日数が28週という意味です。本編はこの28週後から始まります。

一時は完全に封じ込めたと思っていたウイルスですが、主人公家族の母親が発症しない感染者(保菌者)として見つかります。

映画「28週後...」はひどい?つまらない?考察する価値もない駄作だった件

この母親を介して再びRAGEウイルスの感染が広まり、人々がパニックに陥るストーリーになっています。

これはひどい!映画「28週後…」の評価は20点

この映画に点数をつけるなら100点満点中で20点です。それだけ面白いと感じることができませんでした。

ウイルスやゾンビなど、パンデミック映画は好きなのでちょっと期待していましたが残念ですね。ここまでひどいとは。

まず何が残念かというと、設定が弱い。簡単に言えば「ただ感染したゾンビから逃げ惑っているだけ」でストーリー性は皆無です(逃げ惑う画も弱い)。RAGEウイルスについての掘り下げなども一切ありません。

ウイルスは感染者から噛まれたり接触することで感染しますが、発症までがあまりにも早いため違和感しかなく、非常にリアリティに欠けます。

秒で理性を失ってゾンビ化するなんて…バイオハザードですら感染してから発症するまでには多少の時間を要するのに。

そしてゾンビ化してから正常な人間だけを襲うようになります。正確に非感染者だけを。

はたしてこれをゾンビ映画の様式美と言っていいのか…私には「とりあえずこれでいいだろ?」的な雑な展開にしか思えません。

あまりにもいろいろと説明不足で置いてけぼり感が強く、もしかしたら前作の「28日後…」で何かしら説明があるのかもしれませんが、仮にあったとしても続編でもう一度説明するのが当たり前ではないでしょうか。

母親だけが感染しても発症しなかった理由を「先天的な免疫」という笑ってしまうような設定で片付けられるし、最初から最後までとにかく雑。

ラストは主人公家族の子供二人(姉と弟)が感染から逃げ切れたように見えて、弟が母親の先天的な免疫を受け継いでいるため発症しない感染者となってしまいます。

映画「28週後...」はひどい?つまらない?考察する価値もない駄作だった件

そのため結局逃げ切ってもまたパンデミックが起きてしまう結末になるのですが、特に盛り上がるシーンもなく最後までうーん…という映画でした。

管理人

こんな脚本なら俺でも書けそう(笑)

ダメな点はストーリーだけではない

ダメな点はストーリーだけではなく他にもあります。

たとえば、緊迫感や臨場感を出すためかカメラワークが結構激しいのですが、どこで誰に何が起きているのか非常にわかりづらい。暗いシーンだと尚更わかりません。

映画「28週後...」はひどい?つまらない?考察する価値もない駄作だった件

あと音量の大きいシーンと静かなシーンの差が激しい。ぼそぼそ喋ってたかと思うと、いきなり耳を劈くような音を出してくるため不快感を感じることがありました。

一応これはテレビの設定で直せるらしいですが、こっちで設定させないで最初から観やすくしろよとしか思いません。他の映画は普通に観られるのですから。

唯一評価できるのはキャストの「ローズ・バーン」がかわいい

ただそんなひどい映画でも唯一評価できる点があります。それはスカーレット・ロス少佐役のローズ・バーンさんがとてもかわいいということ。かわいいというか美しいですね。

映画「28週後...」はひどい?つまらない?考察する価値もない駄作だった件

ローズ・バーンさんはオーストラリアのシドニー出身の女優さんで1979年生まれです。

本作の役であるスカーレット・ロス少佐は米陸軍の主席医務官で、作中では感染者に襲われて死亡してしまうのですが、銃で殴られて死亡するため感染はせず、ゾンビ化するシーンもありません。

ストーリーがしょうもないだけにローズ・バーンさんの美しさが際立っており、この作品一番の見所と言っても過言ではないでしょう。

ローズ・バーンさんは「X-MEN」にも出演されており、CIAの女性エージェント役として登場していますが、そちらでもとても美しくて素敵な演技をされています。

まとめ

ウイルスパンデミック映画「28週後…」ですが、シンプルすぎるゾンビ映画で真新しさは一切ない映画でした。ひどい出来です。

ストーリーについて考察しようと思いましたが、考察する価値もなければそもそも考察するほどの内容がありませんでした。

とにかく設定という設定がなさすぎる…ゾンビものとしてもインパクトが弱い印象です。

私はB級映画が好きでこの手の映画をよく観ますが、設定要素は弱くてももっとこう絶望感と言いますか、モンスターパニックのように生存者が追い詰められていく様子が見たかった。

管理人

ローズ・バーンさんのファンが観る映画だと思います。